· 

これは絶対に備えて!水害に役に立った防災グッズ

 

こんにちは。福岡久留米の片付けコンサルタント 伊藤 牧です。

今日は我が家の水害への備えと対策グッズについて書きますね!

 

 

先日の大雨では24時間で335.5mm(7月一か月分を上回る量)
特に雨のきつかった時間は

1時間に110ミリとかなり集中して降り、

あっという間に我が家は床下浸水しました。

  大雨翌日、濁りの収まってきた床下点検口。あまり泥はないみたい 

 

 

去年のこの時期も、我が家は水に浸かりそうなシチュエーションに・・・

そしてその時の体験が今回生きました。

 

今日はこれは絶対備えておいた方がいい!と思った水害対策のための防災グッズをご紹介。

 

それは何かというと・・・

 

 

 

 

 

「透明のビニール袋」

 

 

 

今回もめちゃめちゃ役に立ってくれました!

 

 

大雨で家の周辺に雨水が溜まりだすと

トイレやお風呂場から水が逆流してくるので、

水を入れた袋で蓋をして逆流を防ぎます

 

 

そしてトイレが使えなくなるので、段ボールにビニール袋をかぶせて、ペットシーツ(オムツでも)を入れたものをトイレ代わりに使います。

 

大の時はペットシーツごとくるんで、防臭袋BOSに入れるとニオイがあまり気になりません。

 

 

 

(我が家は犬のウ〇チ用の他、夏場の生ごみもBOSにくるんで、と日常使いしています。

もちろん赤ちゃんのおむつにもいいですね♪)

 

 

 

 

 

そして今回は あわや床上浸水・・・!!

 

というシチュエーションだったので、

役に立つのか分からないけど

ドアのすき間に布テープで目張りして、

水をたっぷり入れたビニール袋を段ボールに入れて、

板を挟んで土嚢の代わりにもしました。

 

何もしないよりはいいか?と^^

 

また、透明のビニール袋は

「とりあえず濡れてほしくないもの」を

何でもかんでも入れて、

Fに上げるのにも使えます。

 

(透明なので中身が何か、後で探しやすい)

 

 

雨が降り続いたら2Fの窓から避難しないとなぁ、と

浮き輪も2Fに持って上がりましたが、

貴重品とかもビニール袋に入れて持ち出せばいいですね。

 

 

 

そして雨が上がった後、久留米市では災害ゴミの特別回収がありました。

 

濡れてダメになってしまったゴミを入れ、後片付けに、と最後まで使えます。

 

 

 

ちなみに火事の時にも活躍?するみたい

 

こちらはアパホテルの防災グッズ。

 

煙ふせぐーん

 

 

 

最初に見た時は、 

え?ビニール袋!?しょぼくない??と思ったのですが、

 

確かに火事になったらハンカチを口に当てて・・・

ぐらいしか知識がなく、

 

 

そんなのよりこっちの方が眼も守れて断然生存率上がりそう!

と思ったのでした。

 

 

 

 

という事で、とっても便利ですぐに用意できる「透明ビニール袋」。

 

 

 

防災グッズとして是非常備してください♪

 

 

 

 

 

5分片付け

毎朝お題が送られてくるので

タイマー片手に5分だけ片付ける


*5分片付け*無料お試し 公式LINEで実施中


とりのくらし 片付け作業のご依頼は コチラ

講座等の予定

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村