洗濯が楽になるしくみ ハード面&ソフト面

福岡久留米発!楽に家事をするヒントをお届けします。

片付けコンサルタントの伊藤牧です。

新築時に家事導線については結構考えました。なるべく歩かずに済む我が家のランドリールームをご紹介します。こちらはほこりが溜まりやすい部屋なので、壁面に浮かせて収納をつくっています。かごを使って洗濯物を溜めない仕組み

この裏、どうなってるの?見たい!!とご要望が多かったこちらの記事↓の続編。

過去記事 2階リビングに散らかる洗濯物対策

 

 

2Fリビングに空いた穴から落とされた洗濯物は

 

ランドリーシューター。2Fリビングの床に空けた穴からカゴに洗濯物を落とします

カゴでキャッチ。高い位置にあるので、子どもは届きません。

1F用の洗濯籠も別に設置。

 

ランドリーシューターから落ちてきた洗濯物は他のものと一緒に洗濯機へ。ニトリのバスケット ムスカリングは自立するし丈夫で頼れる。

乾燥機にかけるものとかけないものは、洗濯機を回す時に仕分けて洗います。

 

洗濯し終わって、干すときはそのまま正面のポールに干したり

 

洗濯を干す手間を最大限に省く。楽して家事をするためのシステムです。大木製作所のステンレスハンガーとIKEAのムーリッグハンガーレールが頼もしい量を引き受けてくれます

ピボットターンで左側に干したり。

 

いかに歩かずに、労力をかけずに干すか、楽できるか?を考えたフォーメーションです。

歩数を減らすのが楽家事の大事なポイント

干しきれない時は、脱衣所の隣の部屋に干したり。

 

ここはお客様が通らないプライベートな部屋なので、

来客があってもあわてて隠さなくてOK。

干しきれない洗濯物は、家族しかこないプライベートルームに干します。折り畳み式の物干しスタンドで室内干し。大木製作所のステンレスハンガーも愛用

 

乾燥機を掛けたものは、家族それぞれのカゴへ(↓黒文字のところ)

家族の洗濯物は、各自でたたむなりなんなり。洗濯係としてはカゴに放り込むまでが家事です

白文字のところが家族それぞれの引き出しなのですが、分類は人それぞれ。

 

靴下は別のところに持って行く人もいれば、Tシャツを入れてる人も。

靴下は揃えてクルッとする人もいれば、しない人も。

 

私はそれぞれがどうしまっているのか分かってるので

なるべく引き出しにしまいますが、

 

他の家族は把握してないんじゃないかなぁ?

ただカゴにだけボンボン入れてるみたい。

 

とはいえ私も、

 

年の差3歳差の息子達の靴下等々

以前は把握しやすいように色や形を分けてたので

一目で誰の洗濯物なのか分かってたけど、

 

もう自分で選びたいお年頃。

 

「あれ?これ、どっちのだっけ??」ってことが増えてきました。

 

そんなワカンナイものは、テキトーに息子どっちかのカゴに放り込んでおくと、

お互いに「これ、俺のじゃねー」って感じでポイと隣のカゴに戻してくれているようです。

 

 

家族にも自分にもルールでがんじがらめにしない。

 

別に皆が完璧にやらなくっていい。

 

「こうして欲しいのに!!」ってイライラすることって

なるべく減らしたいのでゆるルールで♪

関連記事

お風呂の蓋をカビさせないための工夫

お風呂の蓋がカビない秘訣

 

記事には載っていないランドリールームのお風呂側はこんなふうになっています

リビングに洗濯物を散らかさない方法

2階リビングに散らかる洗濯物対策

 

洗濯物が落ちてくる穴、リビング側はこんなふうになっています

これ1つでスッキリ片付く♪リビングに増え続ける書類整理のコツ

 

いちいち捨てるのが面倒な紙を楽に処理するブログはこちら


頑張らないでも片付くコツについてのメール講座。収納のヒントも沢山あります
汚部屋出身の片付けのプロが気づいたのは頑張ろうとするから片付かないという事実。「くつろげる家」を手に入れるための具体的な講座です